年齢・原因別不妊治療ガイド 

不妊解消ヨガ〜壱伊スタディハウス

不妊の原因に応じた治療法も、この10年で大きく進歩しました。でも、あなたまかせでは納得のいく治療が受けられないこと、ありませんか?

サイトマップ

不妊の原因



女性に原因がある場合、5割。

男性にある場合、4割。

卵管障害は女性の不妊原因の中で最も多く、原因の3、4割を占める。

男性に不妊原因がある場合は、造精機能障害が最も多い。

一般的に女性に不妊の原因がある場合が、約5割。

男性は約4割で、残りの1割の夫婦では様々な検査を行っても原因が特定できないとされています。

不妊治療を受ける場合、まずは検査での不妊の原因を特定することが最初のステップとなります。

女性の不妊原因

女性側の不妊の原因は、受精から着床のどのステップが阻害されているかによって、卵管因子、排卵因子、子宮因子、頸管因子、この4つに分かれます。

このうち、最も多いのは卵管因子で、3〜4割を占めます。

次が排卵因子で、1〜2割程度。

子宮因子、頸管因子も、それぞれに1割程度あると言われています。

受精や着床は女性の体内で行われます。

1人の女性が、これらの因子を複数持っている場合もあります。

一方、はっきりした原因判明しないことも少なくありません。

1 卵管因子

最近多いと言われている子宮内膜症があると、卵管が卵巣などと癒着を起こしたり、卵子の取り込み口、卵管采がふさがってしまうことがあります。

また、細菌やウィルスの感染でも卵管に炎症や癒着が起こることがあり、性感染症の1つであるクラミジア感染症による卵管性不妊が増えていると報告があります。

卵管が炎症を起こしていたり、周囲と癒着していたりすると、卵子や精子が受精の場である卵管膨大部まで運ばれにくくなり、受精しにくくなります。

2 排卵因子

卵子の発育が不十分だと、定期的な排卵が起こらなくなります。

これを排卵障害といい、脳内に原因がある、排卵を促すホルモンの出が悪い、又は、排卵を抑制するホルモンが出ている場合と卵巣に原因がある、卵子を育てる卵巣の機能が低下している場合があります。

卵巣機能は加齢と共に低下していきます。

3 子宮因子

子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどがあると、胚が子宮に着床しにくくなります。

また、受精卵が子宮内に運ばれてくる頃に、子宮内膜は卵巣から出るプロゲステロン、黄体ホルモンによって変化し、着床しやすい状態になりますが、その変化がうまくいかない場合も着床が阻害されてしまいます。

4 頸管因子

子宮の入り口、子宮頚管からの分泌物、頸官粘液が排卵期に十分出ていないと、精子が子宮内に入りにくくなります。

この頸官粘液に精子の運動を阻害する物質、抗精子抗体が含まれている場合も、精子の子宮内への移動が阻害の原因になります。


男性の不妊原因

男性側の不妊原因は、造精機能障害、精子輸送路の閉塞、勃起、射精障害。

この3つに分かれます最も多いのは造精機能障害で、男性側因子の約7割を占めるとされています。

1 造精機能障害

造精機能障害がある男性の約4分の1には、精索静脈瘤、陰嚢の中を通っている精索静脈がコブ状になってしまう病があり、その為精子の数や精子運動能力が低下していると考えられています。

この他、前立腺や精巣などが細菌などに感染していると、精子の運動能力が下がり、受精も困難になります。

精巣で精子が十分に、あるいは完全に作られないと、受精の場である卵管膨大部にたどり着く精子の数が減り、受精しにくくなります。

また、思春期におたふく風邪による精巣炎にかかったり、子供の頃に精巣捻転などを起こしていた場合も、精子の形成が不十分になることがあります。

精子の運動を妨げる抗精子抗体が精液中に含まれている場合もあります。

2 精子輸送路の閉塞

前立腺炎や精巣上体炎が原因になることが多いとされています。

精子は精巣から精管を通って放出されますが、その経路、精子輸送路のどこかが閉じたり、狭くなっていると、精液中に精子が十分に含まれなくなります。

3 勃起、射精障害

ペニスが勃起しない、あるいは勃起しても持続力がない場合を勃起障害、EDや勃起はするが射精が行えない、精液が十分に出ない場合を射精障害と呼びます。

射精障害には、逆行性射精、射精時に尿道括約筋が十分に収縮しないことにより、精子が暴行内に射精されてしまう病などがあります。

勃起障害の多くはストレスなど心理的な要因によって起こります。

逆行性射精が起こっていると、いわゆる射精感はありますが、射出される精液量が少なくなります。

原因がわからない場合

一通りの検査を受け、不妊に繋がる医学的な原因が見つからないことも少なくないです。

また、セックスの頻度がそもそも少ない場合には、タイミングも逃すことが多くなってしまいます。

排卵期に性交渉がない、あるいは少なければ、受精の確率は当然下がります。

このような場合、まず考慮されるのが、セックスのタイミングです。

夫婦のどちらかの仕事が忙しい時期に、排卵期が重なるなどの理由で、タイミングを逃すケースも少なくありません。

女性の排卵期に合わせる場合は、生理後10日と言われます。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
不妊治療とは
妊娠のしくみを知りましょう
不妊の原因
不妊治療の種類
基本的な治療の流れ
治療の成功率
医療機関の選び方
検査、治療の費用
治療の付き合い方
治療計画
不妊の検査
不妊治療
アクセスガイド
組み換えFSHがついに日本で発売
都道府県、市の特定不妊治療費の助成
市町村独自の不妊治療費助成
都道府県、市の不妊相談窓口
面接相談
【不妊症改善】続木和子の十月十日塾 妊娠しやすい体質をつくる〜不妊体質改善講座〜
横浜大学相談役 今福敏雄の不妊症改善プログラム
■ アキュモード式不妊症改善セルフケアDVD
不妊症を1日5分自宅で改善!大須賀式 妊娠成功プログラム
通貨 金利


























































































































年齢・原因別不妊治療ガイド All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。