年齢・原因別不妊治療ガイド 

不妊解消ヨガ〜壱伊スタディハウス

不妊の原因に応じた治療法も、この10年で大きく進歩しました。でも、あなたまかせでは納得のいく治療が受けられないこと、ありませんか?

サイトマップ

不妊治療



一般的な不妊治療
1番の基本は、排卵日にタイミングを合わせてセックスすることです。妊娠率を上げるためには、タイミング療法や人工授精、排卵誘発剤との併用です。排卵誘発の際は、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、多胎妊娠にご注意を。

高度な不妊治療
生殖補助技術(ART)の成績は、医療機関の格差が大きいです。一人一人の個性を尊重した治療がベストです。現時点では未解明のリスクもあります。治療成功率の医療機関の格差が大きいので、施設選びには慎重にすることが大事です。

男性が受ける治療
薬物治療、手術、精巣精子回収法が治療の3基本です。原因を治療する手術を避けたい場合は、精子回収法で。勃起障害、射精障害の治療には妻の協力が不可欠です。軽度の精液異常なら、まず薬物療法を行いますが、無精子症の人では精巣状態から精子を回収するしかありません。

漢方薬治療
排卵誘発効果がある漢方薬のうち、体質に合ったものを服用することが原則です。漢方薬を併用することで、ゴナドトロピン製剤の使用量を減らすことが可能です。不定愁訴も同時に改善する、副効用も期待できます。不妊治療に漢方薬を使っている医療機関は少なくありません。

不妊治療のQ&A
Q、排卵期にセックスを行う場合、1週間禁欲した後の方が妊娠率が高いという話を聞きました。本当ですか?

カウンセリング
不妊であることと不妊治療を受けていることには、多大なストレスを伴います。6割以上の医療機関が、不妊治療の場にカウンセリングを導入しています。カウンセリングには、治療相談と心のケアのケアが大半です。最近は、不妊治療にカウンセリングを取り入れている医療機関が増えています。

生活で気をつけたいこと
脂肪過多になりやすい洋食を控えて、穀類、野菜中心の和食にしましょう。気持ちよく汗をかける運動で、体調維持とストレスを解消しましょう。喫煙は本人だけでなく、受動喫煙するパートナーにとっても有害です。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
不妊治療とは
妊娠のしくみを知りましょう
不妊の原因
不妊治療の種類
基本的な治療の流れ
治療の成功率
医療機関の選び方
検査、治療の費用
治療の付き合い方
治療計画
不妊の検査
不妊治療
一般的な不妊治療
高度な不妊治療
男性が受ける治療
漢方薬治療
不妊治療のQ&A
カウンセリング
生活で気をつけたいこと
アクセスガイド
組み換えFSHがついに日本で発売
都道府県、市の特定不妊治療費の助成
市町村独自の不妊治療費助成
都道府県、市の不妊相談窓口
面接相談
【不妊症改善】続木和子の十月十日塾 妊娠しやすい体質をつくる〜不妊体質改善講座〜
横浜大学相談役 今福敏雄の不妊症改善プログラム
■ アキュモード式不妊症改善セルフケアDVD
不妊症を1日5分自宅で改善!大須賀式 妊娠成功プログラム
金融機関 金利





















年齢・原因別不妊治療ガイド All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。