年齢・原因別不妊治療ガイド 

不妊解消ヨガ〜壱伊スタディハウス

不妊の原因に応じた治療法も、この10年で大きく進歩しました。でも、あなたまかせでは納得のいく治療が受けられないこと、ありませんか?

サイトマップ

不妊治療のQ&A|不妊治療


Q、排卵期にセックスを行う場合、1週間禁欲した後の方が妊娠率が高いという話を聞きました。本当ですか?

A、結論から言うと、迷信です。

確かに、精液の一般的な検査の前は、2〜7日間の禁欲を指示されることが多いのですが、これは検査の条件を一定にするためです。

この検査の支持を誤解して、毎日セックスすると、精液が薄くなって妊娠しにくくなるとか、妊娠を狙ってセックスするなら、何日か禁欲してからの方がいいとう話が広まったようです。

同様に、セックスの後は30分間、腰を高くして安静にした方が妊娠率が上がるというのも、性交後試験で行われる支持への誤解から広がった迷信で、裏付けとなるデータはありません。

実際には、セックスの頻度が多い、禁欲などをしていないカップルの方が妊娠率が高いことがわかっています。

Q、人工授精や胚移植を受けた後、安静にした方が妊娠率が高くなるのですか?もしそうなら、どのくらいの期間、安静にしていればいいのでしょうか。

A、妊娠した後、切迫流産を起こした場合には安静に保つ必要が出てきますが、そこから類推で広まった噂のようです。不妊治療の後は、安静にした方がいい。とするデータはありません。

採卵や胚移植の時に麻酔を使った場合は、その日は体を休めた方が楽ですが、翌日からは普段どおりの生活を送ってかまいません。

むしろ、適度に体を動かした方が、ストレス解消に繋がります。安静に流産を防ぐ効果はありますが、着床を促進する効果はありません。

Q、基礎体温と排卵検査薬で排卵日を調べています。でも、検査薬は陰性なのに基礎体温が上がったり、反対のこともあったりして、排卵日がはっきりしません。本当の排卵日はどうすればわかりますか?

A、基礎体温が上がるのは、プロゲステロン、黄体化ホルモンの作用で、プロゲステロンは排卵後の卵胞から大量に放出されます。

さらに、排卵検査や雲参考程度にしかなりません。

その為、体温が上がれば排卵は終わったと考えがちですが、実は排卵の前の黄体化ホルモン(LH)量の急増、LHサージが始まる半日前からプロゲステロンの分泌量は増え始めます。

また、排卵検査薬は尿中に排出されたLHの量が一定量を超えると陽性になりますが、これは脳から排卵しなさいとの指令が出ましたという印でしかありません。

月経周期が一定しない人や、高温期が短い、黄体機能不全がある人では、こういう悩みを持つ人が多いようです。

それに体が反応する人では、排卵前から体温が徐々に上がりますし、排卵後の大量放出が始まってから体温が急に上がる人もいます。

個人差が大きいのです。

さらに、その時の体調にも左右されます。

なので、基礎体温のグラフだけから正確な排卵日を割り出すのはとても困難です。

はっきりこの日とはわからないのは不安なものですが、そこはわからないものと割り切って、おおよその排卵期にセックスの機会を増やしてみるといいでしょう。

しかも、指令が出てから何時間後に排卵が行われるかには、やはり大きな個人差があります。


Q、人工授精に何度もトライしています。いつも妊娠検査薬にうっすらと反応が出るのですが、生理がきてしまい、お医者さんに聞くと、化学流産ですねと言われます。化学流産って何ですか?

A、化学流産とは、妊娠のごく早期で起こる流産を指す言葉です。

月経予定日の3日前から検査できるとする、感度がより高い早期妊娠検査薬を個人輸入で手に入れ、予定日前から何度も検査を繰り返す人もいるようです。

人工授精などの後で、hCG注射をする医療機関もありますが、その場合はほぼ間違いなく陽性反応が出るので、治療が成功したと思わせたいため、このことをきちんと患者に説明しない医師もいます。

でも、もし人工授精後のホルモン薬を使っているなら、その陽性は薬の影響で出た偽陽性かもしれません。

一刻も早く結果が知りたい気持ちはよくわかりますが、少なくとも薬を使っている場合、早すぎる自己検査は百害あって一利なしです。

市販の妊娠検査薬は、月経予定日の1週間後から検査できるとなっていますが、不妊治療を受けている人の中には、待ちきれずに予定日前から自己検査をする人も少なくありません。

特に、注射による排卵誘発を行っている場合は要注意です。

偽陽性で後からがっかりするよりは、ゆったり構えて医療機関での検査を待ちましょう。

お金も無駄になりますから・・・。

ですから、妊娠検査薬で陽性が出ても、それが妊娠したことによる真の陽性か、薬の影響による偽陽性かの区別は付きません。

妊娠検査薬に反応、化学反応が出た後、すぐに月経が来て、検査をしても胎嚢、胎児を包む袋が確認できない状態です。

妊娠検査薬は、妊娠成立後に胎盤から放出されるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を検出しています。

しかし、これが本当に流産なのか、つまりいったん着床した胚が流れてしまったものなのかは、極めて疑問とする考え方が医師の間では主流です。

Q、不妊治療を始めて半年になりますが、今の病院では検査や治療の結果をあまり説明してくれず、聞くとうるさがれます。病院を替わりたいのですが・・・。

A、きちんと説明をしてくれない医療機関にかかっていると、不安ですよね。

医師があまりに忙しい時に、あなたが要領を得ない尋ね方をしているだけかもしれませんが・・・。

何を知りたいのかを書き出してみて、自分の中でよく整理してから、もう一度聞いてみましょう。

それでも状況が変わらないければ、転院してもいいと思います。

でも転院先でもう一度、一通りの検査を行うのは、大変です。

引越しなどを口実に、転居先の医療機関への引継ぎデータを一式出してもらいましょう。

数千円から1万円程度請求されることが多いようですが、再検査を行うよりは安く済みます。

Q、何歳まで産めますか?

A、いったい何歳まで妊娠、出産は可能なのでしょうか?

宗教上の理由から否認や中絶をしないというカナダのある社会集団を対象にした、興味深い調査結果があります。

また、妊娠しやすいさは加齢と共に低下しますが、調査では40歳までには33%、そして45歳までには87%の女性が、妊娠できなくなったという結果でした。

日本でも2003年の人口動態調査によると、45〜49歳の母親から生まれた子供が402人、50代以上では19人いました。

2005年2月、そんな驚きのニュースがありました。

ブラジルで、65歳の女性が自然妊娠で出産してます。

同調査によると、2003年に40代前半の母親から生まれた子供の数と、10代後半の母親から生まれた子供の数はほぼ同じでした。

生涯にわたって不妊だった女性の割合は、全体の2.4%だったそうです。

それによると、最終妊娠の平均年齢は40.9歳、一生のうちに出産する子供の数は、平均で11人でした。

ちなみに、半世紀以上前の1950年にはもっと多く、それぞれ4213人、311人という数字でした。

今後は、10代のヤングママ同様、40代ママも珍しくなくなっているのかもしれません。

妊娠、出産には厳然としたタイムリミットが存在しますが、生殖能力は個人差が大きいことも事実です。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
不妊治療とは
妊娠のしくみを知りましょう
不妊の原因
不妊治療の種類
基本的な治療の流れ
治療の成功率
医療機関の選び方
検査、治療の費用
治療の付き合い方
治療計画
不妊の検査
不妊治療
一般的な不妊治療
高度な不妊治療
男性が受ける治療
漢方薬治療
不妊治療のQ&A
カウンセリング
生活で気をつけたいこと
アクセスガイド
組み換えFSHがついに日本で発売
都道府県、市の特定不妊治療費の助成
市町村独自の不妊治療費助成
都道府県、市の不妊相談窓口
面接相談
【不妊症改善】続木和子の十月十日塾 妊娠しやすい体質をつくる〜不妊体質改善講座〜
横浜大学相談役 今福敏雄の不妊症改善プログラム
■ アキュモード式不妊症改善セルフケアDVD
不妊症を1日5分自宅で改善!大須賀式 妊娠成功プログラム
住宅ローン シミュレーション 繰上げ返済










































































































































年齢・原因別不妊治療ガイド All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。