年齢・原因別不妊治療ガイド 

不妊解消ヨガ〜壱伊スタディハウス

不妊の原因に応じた治療法も、この10年で大きく進歩しました。でも、あなたまかせでは納得のいく治療が受けられないこと、ありませんか?

サイトマップ

詳しい検査|不妊の検査



卵管の通過性を調べるには、子宮卵管造影検査が有効です。卵管などの癒着や子宮内膜症がある場合は、腹腔鏡検査で同時に治療もします。

検査結果が思わしくない時は、1回で結論を出さず、再検査をしましょう。

不妊の大まかな原因は、一般的な検査でわかりますが、もっと細かく調べたい場合は、さらに詳しい検査を行います。

子宮卵管造影検査、腹腔鏡検査、性交後試験(ヒューナーテスト)、抗精子抗体検査などがあります。

女性の検査

子宮卵管造影検査

子宮と卵管に造影剤を注入して、レントゲン写真を撮影し、その造影剤の広がり具合から、子宮腔の形、卵管の通過性や癒着の有無などで判定します。

ただし、検査時の痛みなどで、一時的に卵管が収縮して詰まったように見えることもあるので、結果が思わしくない場合は再検査を受けましょう。

卵管性不妊のチェックをする重要な検査で、多くの医療機関では、不妊のスクリーニング検査の1つとしています。

腹腔鏡検査

最近はこの検査をせずに、体外受精(IVF)に進む人も増えています。

ただ、原則として入院して全身麻酔で行う検査ですから、気軽には受けられません。

癒着や子宮内膜症などの異常が見つかれば、その場で剥離や除去も可能です。

お腹に小さな穴を開けて腹腔鏡を挿入し、卵管や卵巣などの状態を直接調べます。

卵管の閉塞や癒着、子宮内膜症、あるいは原因不明不妊に対して行われます。

同時に治療できるので、検査後は妊娠率が上がります。

2人で行う検査

性交後試験(ヒューナーテスト)

排卵の頃、子宮頸管には頸管粘液と呼ばれる分泌物が増え、精子が子宮に侵入しやすい状態になります。

ところが粘液量が少なかったり、精子の運動を妨げる物質が粘液に含まれていたりすると、精子はなかなか子宮内に入っていけません。

排卵日直前にセックスをして医療機関を受診し、頸管粘液中の精子の数や運動能力を調べ、頸管粘液と精子の相性を判定します。

そこで、タイミング療法を行って、妊娠しにくい場合は、性交後試験を受けます。

性交後3時間以内なので、受診するのは女性だけです。

抗精子抗体検査

女性は採血して、男性は精子の採取して検査します。

これは精子の運動能力や受精能力を低下させる抗体が、体内にあるかどうかを調べる検査です。

性交後試験の結果がよくない、なかなか自然妊娠しない。

この検査も上記の検査も、思わしくない結果なら、再検査が必要になります。

子宮卵管造影検査

卵管のつまりや癒着の有無を調べるレントゲン検査です。

卵管の通過性を調べる検査はいくつかありますが、その中で最も多く行われるのが、子宮卵管造影検査(HSG)です。

検査後は、卵管の通過性が一時的に改善し、妊娠が期待できます。

治療効果が期待できる検査

検査は外来で受けることができます。

まず、子宮頸管の入り口からやわらかいカテーテル管を挿入し、そこから子宮の中に造影剤を注入します。

そして、一定時間ごとに2〜3枚のレントゲン写真を撮り、造影剤が子宮腔から卵管、腹腔内へと流れ出る様子をとらえます。

水性の場合は、検査後20〜30分してから、もう一度撮影します。

一方、油性の造影剤の場合は、拡散に時間がかかるため、翌日か翌々日に再度、来院して撮影することになります。

検査時に使用する造影剤には水性と油性があり、どちらを採用するかは医療機関によって異なります。

子宮卵管造影検査は、不妊の原因を調べる際に、できるだけ早い時期に行った方がよい検査です。

これは注入した造影剤が、子宮から卵管を通って、腹腔内にどの程度広がったかを確かめるためです。

なので、クラミジア感染を起こしていないかどうか、事前に調べておきましょう。

検査を行う時期は、月経が終わった頃、月経周期の10日目までに実施します。

最近は造影剤の広がりをモニター画面で見ながら、診断に最適なタイミングでレントゲン撮影を行う医療機関が増えました。

検査でわかること

注入した造影剤の広がり具合を見ることで、子宮や卵巣の状態がわかります。

また、造影剤がうまく流れていなければ、卵管の狭窄や閉塞があるかどうか判明するので、部位も特定されます。

子宮の場合は、子宮腔の形のほか、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの病気の有無を確認することができます。

また、時間が経っても腹腔内に造影剤が十分広がっていないような場合は、卵管周囲の癒着も疑われます。

癒着があるために、卵管の動きが悪くなっていると考えれられるからです。

卵管の場合は、造影剤がスムーズに流れていれば、卵管の通過性が良好なことが明らかになります。


妊娠率を向上させましょう

造影剤を注入することで、卵管のつまりが改善して通過性が増し、検査後の妊娠率が向上します。

なお、検査の直後に妊娠したとしても、造影剤やレントゲンの]線が胎児に影響することはありません。

油性の造影剤を使用した方が妊娠率は高く、検査後9週間以内におよそ3分の1が妊娠したという報告もあります。

子宮卵管造影は不妊原因を突き止めるための検査ですが、同時に治療的な効果も期待できます。

痛みの対策

痛みを感じやすい人は、検査の前にその旨を医師に伝え、痛み対策を取ってもらうといいでしょう。

造影剤を注入するとき、子宮や卵管にはある程度圧力がかかります。

医療機関によっては、温めた造影剤を使ったり、鎮痛薬や精神安定薬などを使用したりするなどの方法で、痛みを軽減するところもあります。

子宮卵管造影検査を体験した人の間では、一番つらい検査だったという感想もよく聞かれます。

卵管がつまり気味の人ほど、圧力がかかりやすいため、痛みを感じやすいと言われています。

検査後の注意点

検査当日はセックスと入浴を控えますが、これも感染予防のためです。

検査後は、まれに感染を起こす可能性があるので、抗生物質を2〜3日服用します。

それでも、もし38℃以上の高熱が出たり、強い下腹部痛があらわれたりしたら、すぐに医師に相談しましょう。

一度の検査で判断しないで

検査時の痛みが強いと、卵管が痙攣し、まるで閉塞しているみたいに見えてしまうことがあります。

このような一時的なつまりは特に、子宮から卵管へ移行する部分、卵管間質部で起こりやすい傾向があります。

実際、その後の再検査では問題なかった人も少なくないです。

検査で、卵管が詰まっているという結果が出ても、必ずしもその後の治療が正しいとは限りません。

もし検査の結果、卵管が閉塞していると告げられても、1回だけの検査で卵管が通っていると診断されたり、検査により卵管が開通したと言われた場合も、その後妊娠せずに1年以上が経過しているなら、再検査を受けた方が得策です。

通気、通水検査のメリットとデメリット

デメリットもありますが、例えばHSGでは、卵管の閉塞部位までわかりますが、通気、通水検査では場所の特定ができません。

これらの卵管造影検査(HSG)に比べ、検査時の痛みが少ないというメリットがあります。

また、左右の卵管のどちらに異常があるのか、正常に判定することも困難です。

卵管の通過性を調べる検査には、卵管通気、通水検査があります。

また、レントゲンを使わずにすむので、造影剤にアレルギーのある日とも安心して検査が受けられます。

こうした点を受け最近は、通気、通水検査を行う医療機関が減ってきています。

子宮や卵管内の形態を把握することもできません。

つまり、検査の精度が落ちるのです。

一方、通水検査では、生理食塩水などを子宮と卵管に注入し、内圧の変化から卵管の通過性を判定します。

通気検査では、子宮と卵管に炭酸ガスを流し込み、そのガスが卵管末端の卵管炎から腹腔内に流出するかどうかを調べます。

さらに、検査後に卵管の通過性が改善するという効果も、HSGに比べると低いと言われています。

腹腔鏡検査

お腹に小さな穴を開け、そこから腹腔鏡を入れて、卵管や卵巣、腹腔内の状態を調べます。

それが、腹腔鏡検査です。

不妊原因を特定するための検査であると同時に、異常が見つかれば、その場で処置をして治療することもできます。

検査後は妊娠率の向上も

最近は、日帰りや1泊入院ですむところもありますが、これらは軽症例に限ります。

入院期間は、3〜7日程度が一般的です。

検査時期は、一般的に月経終了から排卵日の数日前まであります。

検査は、原則として全身麻酔で行われます。

妊娠の可能性がある、黄体期(高温期)に検査をしなければならない場合は、その周期は必ず避妊しましょう。

どちらを採用するかは、医療機関によって異なります。

腹腔内の様子はモニター画面に映し出され、医師はそれを見ながら器具を操作し、処置を行いますが、検査が必要な場合は、専門病院が紹介されます。

さらに下腹部にも2〜3ヶ所の穴を開けて、鉗子や電気メスなどの器具を入れます。

この時、腹腔内を見渡すために、お腹をある程度膨らませて内部に空間を作る必要が出てきます。

方法は、炭酸ガスを入れて膨らませてる気腹法と、ワイヤーでお腹の皮膚をテントのように吊り上げる吊り上げ法の2種類です。

なお、入院設備のない診療所では、腹腔鏡検査はほとんど行っていません。

腹腔鏡検査では、おへそのすぐ下に直径0.5〜1cmほどの穴を開けて、内視鏡を挿入します。

検査の対象になる人

腹腔鏡検査の対象になるのは、次のような場合です。

不妊原因不明で、一般不妊治療をしても妊娠しない人。

子宮内膜症がある人。不妊期間が長い人。

卵管の閉塞や癒着がある人、疑いのある人。

多嚢胞性卵巣(PCO)である人です。

クラミジア検査が陽性の人。

癒着の有無は、お腹の中を直接見ることでチェックできますし、また卵管の通過性は膣から子宮の中に青い色素を注入し、この色素が腹腔内に流れ出るかどうかを見て確認します。

このような検査の結果、HSGでは問題がなかった人のうち、癒着などの異常が発見される割合は、約30%と報告されています。

不妊原因が不明だったり、長期間妊娠しなかったりする人には、このような異常が隠れていることもあります。

また、不妊原因がわからない女性に腹腔鏡検査を行うと、2〜3割に軽度の子宮内膜症が発見されるとも言われています。

卵管の癒着や通過性については、まず、子宮卵管造影検査(HSG)で調べますが、腹腔鏡検査ではさらに正確な診断が可能です。

腹腔鏡検査で原因を探り当てることができれば、その後の治療法もおのずと決まります。

同時に治療もできます

例えば、子宮内膜症の場合、腹腔鏡下で病変を除去すると、術後1〜2年で6割の人が自然に妊娠するという報告もあります。

また、排卵障害の原因になる多嚢胞性卵巣(PCO)に対しては、肥厚した卵巣表面を電気メスなどで焼いたり、レーザーで穴を沢山開けたりする治療を行うこともあります。

卵巣皮膜を薄くすることで、排卵が起きやすくなります。

腹腔鏡検査では、卵管や卵巣の癒着、子宮内膜症などの病変を見つけたら、その場で癒着を剥離するなど処置をすることができます。

検査であると同時に、治療も行えるのです。

さらに腹腔鏡検査の際は、生理食塩水で腹腔内をきれいに洗います。

この洗浄自体も妊娠率を上げる効果があると言われているため、腹腔鏡検査後は妊娠しやすくなります。

腹腔鏡検査か体外受精か

腹腔鏡検査は、これまで卵管性不妊や子宮内膜症、原因不明不妊などの診断に欠かせない検査として位置づけられてきました。

開腹して行う検査と同程度の診断力があり、しかも体への負担が格段に少なくてすむからです。

例えば、1000件に1件の割合で、開腹手術を要する合併症が発生したとします。

医師の意見も様々です。

しかし、全身麻酔で行われる手術であることに変わりはなく、危険性がゼロとは言えません。

せめて体外受精に進む前には腹腔鏡検査をと主張する医師もいれば、負担の多い検査をするより、体外受精に進んだ方がいいと話す医師もいます。

なので最近では腹腔鏡検査を受けずに体外受精(IVF)へと進む人が多くなっています。

選択の際は、医師ともよく話し合う必要があります。

子宮鏡で子宮の内側をチェック

子宮鏡は直径3mm程度の細い内視鏡で、膣から子宮の中に挿入します。

ただ、この時は検査時より太い内視鏡を使い、麻酔も必要になります。

なお、子宮内膜ポリープや粘膜下筋腫が発見された場合は、子宮鏡を使って切除することもできます。

水を注入して子宮腔を膨らませながら、内部を観察します。

経膣超音波検査などで、これらの病気が疑われる場合は子宮鏡検査を受けます。

胃や腸の内視鏡検査と同様に、子宮の内側が鮮明に映し出されます。検査は月経終了直後、外来で行われます。一般的に痛みはありません。

子宮内膜ポリープや粘膜下筋腫、子宮の内側に飛び出た子宮筋腫や子宮内腔の癒着などがあると、着床障害が起こりやすくなります。

性交後試験(ヒューナーテスト)

女性の頸管粘液と、男性の精子の相性を調べる検査で、免疫性不妊の原因となる抗精子抗体検査の存在をある程度予測できます。

精液検査や頸管粘液検査で異常がないのに、タイミング療法を行ってもなかなか妊娠しない時、受けておきたいのが性交後試験です。

基本検査として、受診の初期に行っている医療機関もあります。

検査の受け方

できるだけセックスから受診までの時間を縮めるよう努力しましょう。

時間が経つにつれ、膣内に残っている精子の運動能力が低下するなどの理由で、検査の精度が下がるからです。

受診は女性だけでよく、シリンジ、針を取り除いた注射器で頸管粘液を採取した後、中に含まれている精子の数と運動能力を顕微鏡で調べます。

早朝にセックスするのが難しい場合は、深夜にしても構わないとしている医療機関が多いのですが、せっかく検査を受けるのですから、正確な結果を受け取りたいもの。

通常はセックス後、3時間以内に検査を受けた方がよいとされています。

性交後試験では、そうした事態が起こっていないかを調べます。

事前に予測した排卵日の直前にセックスをして、射精後30分程度安静後、なるべく早く医療機関を受診します。

排卵日が近づくにつれ、頸管粘液の分泌量が増えてくるのは、本来精子を子宮へと迎え入れるためです。

しかし、頸管粘液と精子の相性が悪い場合、精子は子宮内に進入できなくなります。

検査でわかること

もし、悪い結果になった場合、その原因を探るのがこの検査の目的なのです。

とはいえ、これらの診断結果は、自然妊娠の可能性を正確に予測するものではありません。

性交後試験で精子の運動能力が著しく低下していた場合、女性に精子の動きをブロックする抗精子抗体が存在する可能性があります。

この場合はさらに、抗精子抗体検査を受けが方がいいでしょう。

診断基準は医療機関によって多少異なりますが、基本的には、頸管粘液中の運動精子の数が多いほど良好、すなわち妊娠しやすいと診断されます。

特に重要なのは、免疫性不妊の原因となる抗精子抗体の存在。精子数が5個未満の場合は不良とされ、再検査を勧められます。

抗精子抗体検査

性交後試験の結果がよくなかった。検査で問題が見つからなかったのに、自然妊娠しない。

そんな時に考慮したいのが、抗精子抗体検査です。

抗精子抗体検査は男女どちらでも作られる可能性があり、不妊女性の4〜10%にあるとも報告されています。

女性では性交後試験でもある程度予測できますが、抗精子抗体検査も合わせて受けると正確に診断できます。

女性の抗精子抗体

検査には、女性の血液から血球成分を除いた血清を使用します。

抗精子抗体は精子を標的にする抗体で、精子の運動能力や受精能力を障害にして妊娠しにくくしてしまいます。

女性の場合、抗体価には自然変動があります。

何度か検査を受け、抗体価が低くなった時期に人工授精を行う方法もあります。

女性の体内で抗精子抗体が産出されるようになるのは、膣や子宮の傷を介して、血液中に精子が入り込んだためと考えられています。

陽性の場合は、数ヵ月後をめどに再検査を受けましょう。

抗体とは、体内に入り込んだ異物を排除するために働く免疫物質のこと。

一方、抗体価が高い場合は、人工授精での妊娠率は低いので、早めに体外受精をするよう勧められます。

試験で陽性になっても、作られる抗体の量が少ない、抗体価が低い場合は、人工授精での妊娠が可能です。

健康な男性の精子と混ぜて、精子の運動能力を奪う力がどの程度かを調べる精子不動化試験を行います。

男性の抗精子抗体

男性の抗精子抗体は、自分の精子を標的とする自己抗体です。

精子の表面に結合して、運動能力や受精能力を低下させます。

男性の場合、血液ではなく、精液を検査に使います。

閉塞性無精子症の人は、抗精子抗体を持っている確率が高いと報告されています。

抗精子抗体が産出される引き金は、精巣の怪我やパイプカット、精巣生検などを受けた際に、血液中に精子が漏れ出たことだと考えられています。

イムノビーズテスト又は、混合抗免疫グロブリン抗体反応テスト(MARテスト)いずれかで、抗体が結合した精子の割合が高いと陽性です。

男女どちらかに抗精子抗体がある

男性にある場合、精子の運動能力、受精能力が低下する。

女性の場合、精子の運動能力、受精能力、子宮内への進入を阻害します。

夫婦のどちらか一方でも、抗精子抗体が体内で産出されていると、自然妊娠率が低下します。



異常抗体が関係した不妊は、免疫性不妊と呼ばれ、抗体の働きをブロックする特効薬はまだありません。次の治療へ進みます。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
不妊治療とは
妊娠のしくみを知りましょう
不妊の原因
不妊治療の種類
基本的な治療の流れ
治療の成功率
医療機関の選び方
検査、治療の費用
治療の付き合い方
治療計画
不妊の検査
一般的な検査
詳しい検査
不妊治療
アクセスガイド
組み換えFSHがついに日本で発売
都道府県、市の特定不妊治療費の助成
市町村独自の不妊治療費助成
都道府県、市の不妊相談窓口
面接相談
【不妊症改善】続木和子の十月十日塾 妊娠しやすい体質をつくる〜不妊体質改善講座〜
横浜大学相談役 今福敏雄の不妊症改善プログラム
■ アキュモード式不妊症改善セルフケアDVD
不妊症を1日5分自宅で改善!大須賀式 妊娠成功プログラム
ローン 借金




















































































































































































































































































































































































































































年齢・原因別不妊治療ガイド All copyrights 2012 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。