年齢・原因別不妊治療ガイド 

不妊解消ヨガ〜壱伊スタディハウス

不妊の原因に応じた治療法も、この10年で大きく進歩しました。でも、あなたまかせでは納得のいく治療が受けられないこと、ありませんか?

サイトマップ

不妊治療とは



子供は欲しいけれど・・・妊娠から出産までの治療です。

女性が若いほど、一般的に成功率は高いです。心の余裕を持つために、早い段階で検査を受けましょう。

子供を持ちたいと思い、定期的にセックスをしているのに、数年経っても妊娠しない。

こういう状態を「不妊」と定義されています。

日本では、今約30万組の夫婦が不妊治療を受けており、ほぼ半数が子供を授かっています。

垣根が高い?不妊治療

国立社会保障、人口問題研究所が日本の夫婦(調査対象の約13%)のほぼ約半数が「不妊かもしれない」と心配したことがあり、その約半数が医療機関で検査や治療を受けたと回答しています。

つまり、不妊かもしれないと悩んでいても、病院を受診するのは約半数にすぎないわけですが、その理由も様々です。

「子供を持つことに対する2人の気持ちが一致しない」とか「どの病院を受診したらいいかわからない、心配です」といった人も、案外多いようです。

子供が出来る(生殖できる年齢)の夫婦、約1割およそ140万組には子供がいません。

しかし、厚生労働省が医療機関を対象に行った調査によると、現在、実際に不妊治療を受けている夫婦はおおよそ30万組くらいです。

「病院で治療をしてまで子供を持ちたいと思わない」人もいますし、「不妊治療はお金がかかる」と思い込んでいる人もいます。

(実際には検査の大半と治療の一部には健康保険が使えます。)

治療で子供を持つのは半数という結果

それでは、実際に不妊治療を夫婦のうち、どれだけの人が妊娠、出産へと至っているのでしょうか。

不妊治療実施施設への取材から推定すると、治療を受けた夫婦の約半数が子供を持てるようです。

「治療を受けたのに子供が授からない」理由は、多岐に渡り、最も大きな要因は、女性が高齢であること。

妊娠する確率が低い上、妊娠しても流産してしまうケースも多くなります。

この点に関し、全国的な統計データは存在しませんが、子供が授かるのは、1万5千組程度です。

そして、全体の4〜5割、およそ13万5千組が、不妊治療のうち「一般不妊治療」と呼ばれる範囲(妊娠に最適なセックスのタイミング指導や人工授精など)で妊娠、出産します。

さらに、夫婦のどちらかに子供が出来にくい原因があって、一般不妊治療では妊娠がほとんど望めないのに、そのことを知らされず、治療を続けている場合もあります。

また体外受精では一般的に、排卵誘発剤を使って卵子を沢山作り採卵しますが、高齢になるほど卵子が作られにくくなるため成功率が下がってしまいます。

残り18万組のうち、5万組弱が「体外受精」です(ART、アートと呼びます。)

「治療を受けたからといって、100%子供を授かるわけではありません。」(このARTに関しては、全国統計があります。)


35歳までに、検査をしましょう

もし、子供を持つために医療の助けを借りても良いと思っているのならできるだけ早く、できれば女性が35歳までに検査を受けた方がいいと一般的に言われます。

そんなときに、「これでいいのか」と振り返る心の余裕、それが不妊治療には不可欠なのです。

その後、2人でよく話し合って、治療を受けるかどうかさらにどの段階までの治療を受けるかを決めていくわけですが、それには時間が必要です。

とりあえず治療を行ってみるという考えの医療機関も存在します。

検査では、夫婦の両方に子供ができにくい原因が見つかる場合もありますし、2人共に見つからないこともあります。

また、時には、お互いを思いやるあまり、検査や治療を受けたい、あるいはやめたいと言い出せなくなることも。

この心の余裕を持つためには、あらかじめ不妊治療に関する情報を持っておくことも大事です。

子供を持ちたいという気持ちも、一般的に女性が強く、治療がうまくいかなかった場合の落ち込みも大きくなりがちです。

検査を受けるときは「何を調べる検査か」、治療では「自分たちの場合、どの程度妊娠が期待できるか」。

しかし、女性が高齢になってから検査を受けると、精神的に追い詰められた状態で治療に関する決断を下すことになり、しかも実際に病院に行くと、とんとん拍子で治療へと進んでしまうことが少なくありません。

他に「選択肢はないのか」を、事前に知った上で医療を受けるようにしましょう。

なお、不妊治療は一般的に、女性側の身体的負担が大きい治療です。

2人の気持ちを良く確かめ合うようにして下さい。

「高齢出産」は昔よりも安全になりましたが、それ以前に「高齢妊娠」が難しいことは意外と知られていません。

つまり、不妊治療では夫のサポートがとても大事になるのです。

いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
不妊治療とは
妊娠のしくみを知りましょう
不妊の原因
不妊治療の種類
基本的な治療の流れ
治療の成功率
医療機関の選び方
検査、治療の費用
治療の付き合い方
治療計画
不妊の検査
不妊治療
アクセスガイド
組み換えFSHがついに日本で発売
都道府県、市の特定不妊治療費の助成
市町村独自の不妊治療費助成
都道府県、市の不妊相談窓口
面接相談
【不妊症改善】続木和子の十月十日塾 妊娠しやすい体質をつくる〜不妊体質改善講座〜
横浜大学相談役 今福敏雄の不妊症改善プログラム
■ アキュモード式不妊症改善セルフケアDVD
不妊症を1日5分自宅で改善!大須賀式 妊娠成功プログラム
金利 高い































































































年齢・原因別不妊治療ガイド All copyrights 2012 by 小田篤史 Google


当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。
HIV・エイズの基礎知識C型肝炎の基礎知識白内障の症状と治療口唇ヘルペスってどんな病気?痔の種類と症状と養生法関節リウマチの新しい治療法緑内障ってどんな病気?社会不安障害(SAD)とはニコチン依存症アトピー性皮膚炎のQ&A不眠症を語る〜睡眠がとれないとどうなる?不眠のQ&A〜インフルエンザを予防しようメタボリックシンドローム〜高尿酸血症編〜関節リウマチガイド〜関節リウマチを知る〜もしかして喘息?喘息とアレルギー性鼻炎のつながりとは肺炎球菌予防ワクチンとはアトピー性皮膚炎を説明するサイトアスペルガー症候群を知る〜基礎編子宮頚がんとは妊娠・授乳と喘息治療じんましんとは?PETによるがん健診を知る睡眠時無呼吸症候群とはしっかり治そう慢性副鼻腔炎しっかり治そうこどもの中耳炎声のかすれ「嗄声(させい)」とは?大人のアスペルガー症候群との接し方うつ病サポートガイドステロイド薬不使用のアトピー治療についてアトピー・アレルギー・喘息のサイト家庭の食中毒〜発熱・腹痛に要注意〜超わかりやすい認知症ケアのマニュアルレーシックではなく近視を改善する視力回復法選ぶ・使うコンタクトレンズガイド老眼は脳の視力回復トレーニングで改善する自閉症の自立の支援ガイドもしかしてアスペルガー症候群〜診断とテスト〜こういう病院は危険です〜医療を選ぶ〜インプラントの達人が伝える100%成功の秘密ED治療の最前線パーソナリティ障害とは花粉症の治療法最前線インプラント治療の知識と費用と歯科医の選び方不安障害を説明するサイト尿酸値と痛風年齢・原因別不妊治療ガイドうつ病とは〜症状と治し方〜いびきの治療と原因